社会主義の理想を愛するグレーテルが、反革命的な少年カレルに知らされたのは——『帰れないふたりのために』。亡命に失敗後テオドールを救うため国家保安省の犬となったリィズ——その苛烈な3年間が明かされる『どうか、あの幸せな日々を』。仲間からの迫害に疲れ果てた范氏蘭の前に現れた人は——『笑顔の価値は』。他「黒の宣告」がグダンスクを去る前夜を描く『キルケの災厄』を含む『マブラヴ オルタネイティヴ』欧州大戦の一幕を綴る短編集第2弾!!
公式サイトはこちら
 
ixtl All rights reserved.